レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

コース脇の段差でクルッとグラトリ

コース内の地形で楽にグラトリしよう。

コース脇に出来た段差の起伏を使って、バックサイドスピンを仕掛けてみましょう。小さな段差ならスピードがなくても楽にボードを回転させることが出来るでしょう。低速での板さばきを上手くできるようになりましょう。

1 実際の回転数を事前に把握しておこう

コース脇の段差でクルッと回ろう

自分のメインスタンスからスピンを仕掛け、またメインスタンスに戻ってくるので、ボードは一回転しているように感じるかも知れません。しかし、実際には段差に対して斜めに入って斜めにアウトするので、ボードは360より少ない回転で済むでしょう。このことを事前に把握し、ボードの回し過ぎには注意してのぞむとよいでしょう。

2 体を倒し過ぎずに回していこう

 コース脇の段差で遊ぼう(2段の段差)

スピンを仕掛けたい場所が近づいてきたら、腰を落としてトゥエッジに加重しながら、後ろ肩を後方へひねり上げて離陸しましょう。スピンに気を取られ過ぎて体を倒し過ぎないよう注意しながら、ボードを段差のラインと平行に合わせていくとよいでしょう。少なくとも腰から下の軸はボードの真上に乗せておくことで、その後の流れに安定感が生まれてくるはずです。

3 板を押さえつけながら視界を確保しにいく

 コース脇の段差で遊ぼう(2段の段差)

上手く段差に乗ることが出来たら、下半身を使ってボードに加重し、余計な回転力を踏み殺していきましょう。ちぐはぐになっている上半身をゆっくりと板の真上に戻しながら、肩越しに目線を前へ送って早めに進行方向の視界を確保していくと良いでしょう。段差がまだ続いている場合はそのまま真っすぐボードを進ませていきましょう。

4 笑顔でトリックを終えよう。

 コース脇の段差で遊ぼう(2段の段差)

段差の上で着地地点を確認することが出来たら、ほぼトリックを成功させたと言ってもよいでしょう。トリックの一連の流れから生まれたスピンの惰性が働き、ランディングに向けての回転力は比較的簡単に作ることが出来るからです。最後まで気を抜かず、メリハリを持って体の各部位を動かしながら、TOSHIちゃんのように笑顔でトリックを終えましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて