レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

コース脇の壁を使ってジャンプしよう

コース脇の飛べる場所を探そう

横壁の途中でジャンプすることは、平坦な場所の凹凸を飛ぶよりも複雑です。積極的にトライして総合滑走能力を高めましょう。

1 飛ぶ前に出来るだけ情報を集めよう

壁に進入する前に、まずは着地地点のコンディションを確認しておくこと。ランディングの先に木が待ち構えたいたり、壁とコースの境目に段差ができていたりする場合はより慎重にアプローチしましょう。横壁の上で描くラインは、単に登り降りするだけのラインと基本的には変わりません。

2 上半身も使ってオーリー

壁の途中についたリップは水平ではないので、ボードの上に正しく重心を乗せないと踏み切りで大きくバランスを崩してしまう。ボードが傾いていても、体軸は板の真上を保つようにすること。後ろ足がリップの先端を通過する時に、上半身を引き上げながら雪面を強く踏み込んでオーリーしよう。

3 グラブしてない手でバランスを取る

空中に飛び出したら目線を着地地点へと送っていこう。ボードが引き付いてきたらグラブを行うが、もう片方の手でうまくバランスを取るようにしよう。

4 素早くコースに合流しよう。

着地後はスピードが増していることが多い。さらにはエッジをかけて下り斜面を降りていく必要がある。斜度の変わり目で転ばないように気をつけよう。壁を降りきるとコースを横切ることになるので、周囲をすぐに確認し、なるべく早くフォールラインへノーズを向けまっすぐ滑るようにしよう。

※本人は楽しくても、周囲にとっては時に危険な存在になる

壁でジャンプすることは、平坦な地形では味わえない3Dの感覚を味わえてとても楽しい。ただし、後ろから来るスキーヤーやスノーボーダーにとっては、自分が非常に危険な存在になっていることを肝に銘じておこう。たとえ壁でスタイリッシュなジャンプを決めたとしても、着地で他のスキーヤーとぶつかり怪我をしてしまっては元も子もない。壁に進入する前に、一瞬後ろを振り返って周囲の状況を把握しておこう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて