レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

コース脇の壁を使ってクルッと回ろう。

壁を使ってスピンを楽に練習しよう

ターンやジャンプだけでなく、グラトリをやるにも横カベは最適のフィールド。スピードがなくて高く登れない壁は、トリックを入れて楽しんでしまおう。

1 スピンする場所を見定める

壁の傾斜を利用してくるりと回るのに、それほどのスピードは必要としない。腰を落としてアプローチし、スピンを仕掛けるポイントを見定めておこう。壁に対して直角に進入すればするほどスピンのきっかけを掴みやすくなるが、その分斜度の変わり目でかかるGはきつくなるので気をつけよう。

2 斜度の変わり目を忘れずに!

つま先に加重しながらゆっくりと壁に進入していこう。ただしスピンに気を取られすぎるとエッジに乗り過ぎてしまうので気をつけること。斜度の変わり目を通過する時は、体に大きくGが加わるので、出来るだけ重心をボードの真上にキープしておくようにしよう。

3 目線からスピンを仕掛けよう

壁を登っていくとやがてボードのスピードは弱まっていく。初めのうちは板の動きが止まりそうになってからスピンを仕掛けてみよう。いきなり板を回し込もうとするのではなく、まず始めに目線を進行方向へ送っていくこと。目線を先に送ることで上半身をスムーズに先行でき、ボードをストレスなくスピンさせることができるのだ。

4 体を軽く保って回すと◎

スピン中は上半身を浮かせるようにしてボードへの加重を弱めておくと、回転が足りなくても逆エッジを食らうことが少なくなる。ボードを回しきったら再びボードに加重して斜面を降りていこう。スピンの後には下りの斜面が待ち構えている。スピンに気を取られて進行方向を見失わないようにすること。ボードの真上にしっかりと乗って出口を目指そう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて