レッツゴースノーボード

ハウツー記事地形遊びフリーラン

木にタップしながら BS360

当て込んだ反動を利用してスピンしよう。

木に当て込んで回そう(Tap BS360)

ゲレンデ内の木のまわりをよく見てみると、飛べそうな起伏が付いている場合があります。まずはこの起伏をリップに見立てて、着地の開けているスペースへジャンプしてみましょう。慣れてきたら、ジャンプの途中で板を当て込めそうな木を見つけて、スピンを仕掛けてみると良いでしょう。アイテムに当てた反動を利用して板を回すのは新鮮で楽しいですが、一歩間違えると木に衝突してしまう可能性があるので十分注意が必要でしょう。ゲレンデ内をくまなく観察して、遊べる場所をどんどん増やしていきましょう。

1 当て込む木から離れていくような軌道で進もう

リフト下で遊ぶ

初めから一発で木に当て込もうと意気込むのではなく、まずは木から確実な距離をとって、安全にジャンプ出来る軌道をイメージしてトライしてみましょう。初めのうちは木に当たらなくても、何回もトライしながら空中での木と自分との距離を縮めていくとよいでしょう。狙った場所にジャンプ出来るように、日頃のフリーランでボードコントロールを養っておきましょう。

2 踏み切りでの先行動作は不要

立木へ当て込むスピントリックもさまざまな種類がありますが、今回のトリックの場合、木に当ててから回転力を付けていくので、踏み切り時にスピンの先行動作は必要ありません。ただし空中に飛び出たら前手を後方にひねり、この上半身の反動で下半身を前方にシフトさせながら、ボードを木に当て込みやすくしておく事が大切です。

3 躊躇せずメリハリをつけて木に当て込む

リフト下で遊ぶ

2で上半身を後方にひねっていることで、下半身は前方へ蹴り込みやすくなっているはずです。エアのピークがきたら躊躇する事なく、テールを木に当て込みましょう。当て込んだ反動でさらに270回すので、メリハリを持って、テンポよく当て込む事が大切です。ここまできたら「木が傷んでかわいそう」という気持ちは、辛いですが消しておく必要があります。

4 反動を味方に、素早く回し込んで着地

テールが木に当たった瞬間に、ボードが前に進もうとする力はストップします。むしろその反動で反対側に回ろうとするでしょう。この力をバックサイドスピンに変えるために、目線と上半身をグイグイ後方へ送りましょう。木に当たった後は自分の空中姿勢も少なからずぶれてしまいますが、ひるむこと無くどんどんボードを回し込んでいきましょう。後半の動きは目まぐるしく早いので、自身の無い人は半回転減らしてみると良いでしょう。なにしろ相手は固い木です。自身の器量に合わせて、気を引き締めながら遊ぶようにしましょう。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて