レッツゴースノーボード

道具ギア 道具の調整やメンテナンス

スノーボードの上手なステッカーの貼り方

マイボードをさらに愛着のある板に変える。

新しいボードを手に入れたらそのまま滑るのもいいけれど、どうせならお気に入りのステッカーを貼って自分だけのオリジナルボードに変えてしまおう。ここではステッカーを貼る時の注意点や、知ってると役立つマル秘テクニックを紹介します。 もちろんステッカーの貼り方に正しいも間違いもありません。自分流のセンスでボードを彩っていきましょう!

基本① お気に入りのステッカーを集めよう

ステッカー 貼り方

まずはボードに貼るステッカーを集めましょう。ステッカーはスノーボードショップに売っていたり、新しいギアを買うとおまけで付いていたり、イベントやキャンプで配っていたりします。もちろん板に貼るステッカーは、ボード関係だけとは限りません。好きな洋服のブランドだったり、ひいきにしているミュージシャンだったり、いつも行く美容室のオリジナルステッカーだったり、とにかく貼っていて愛着のわくものをチョイスしていきましょう。
ここで一つアドバイス。できれば、自分が使っているギアのステッカーを貼るようにしましょう。別にダメだというわけではありませんが、例えばトヨタの車に「NISSAN」のシールが貼ってあったら違和感ありますよね。それと同じで、できれば違うボードブランドのステッカーは避けておきましょう。

ステッカーがある程度貯まってきたら、次は実際にボードに貼り付けていきます。

基本② 貼る前に全体の構図を決める

ステッカー 貼り方
T

ステッカーを貼る前に、全体のレイアウトを何となくイメージしておきましょう。何も考えずに貼るよりは、それぞれのステッカーの場所をあらかじめ決めておいた方が、全体のバランスも良くなるはずです。
もちろん「いや自分は何も決めずにフィーリングで貼っていく」でも構いません。そうした方が上手く貼れる人もいるでしょう。前述したようにステッカーの貼り方に正しいも間違いもないのですから。ただ、ステッカーは一度貼ってしまったら、場所を変更することはできません。無理にはがそうとすると粘着力が失われてしまったり、最悪切れてしまいます。慎重にいくならやはり構図は決めておいた方がいいでしょう。

ステッカー 貼り方

ステッカーには文字のタイプとロゴマークのタイプがあります。細長いものや丸いものなど形状も様々です。色んなタイプのものを組み合わせて、バランスよくレイアウトを決めていきましょう。
写真の板の場合、ビンディング周りを中心に、ノーズからテールまで広範囲に構図をとっています。ノーズかテールのどちらかにステッカーを集中させるのもいいでしょう。
ただスケーティングの際に足を載せる場所は、滑っていくうちにはがれやすくなるので、貼らない方が無難です。

基本③ 簡単な場所、大きいものから貼っていく

ステッカー 貼り方

構図が決まったら、いよいよボードに貼付けていきましょう。
決めたレイアウトの中で、比較的貼るのが簡単そうな場所から貼っていきましょう。上手く貼るにはまず最初に大きなステッカーを貼って、それを基準にしながらその他のも貼っていくとよいでしょう。写真の場合はビンディングの間が、貼るステッカーも量も少ないので、そこから貼っていっています。

基本④ ステッカーには、型抜きタイプとベタ貼りタイプがある

ステッカー 貼り方 ステッカー 貼り方

型抜きタイプを上手く貼るには、まず台紙から透明なシールごとステッカーを取り、いったんボードに貼ってから手でごしごしと擦ります。その後で透明なシートだけをはがしていきましょう。

ステッカー 貼り方

ベタ貼りタイプは特に難しいことはなく、台紙からステッカーをはがしてそのまま板に貼付けましょう。ただし、ステッカーと板との間に空気が入りやすいので、端っこから少しづつ貼っていくとよいでしょう 。

※次項では知っておくと役に立つステッカーを貼る際のコツを紹介します。

長年のアクセス分析から本当に大切なトピックスを厳選して分かりやすく解説!初体験から上達後の遊び方までを6つのジャンルに分け、トッププロ達の華麗なる滑りもボーナス収録!末永くタメになり、思わず滑りに行きたくなるハウツーDVDの永久保存版!

DVD詳細ページはこちら

DVD購入はこちら

RIDEOUT期間限定SALE
ライダー、スタッフが一丸となって良質なウエア作りに取り組んでいる「ライドアウト」ただいま全品30%OFF!

ハウツーDVD好評発売中!

思わず滑りたくなるハウツーエンターテインメント!
「レッツゴースノーボード!」は、スノーボードに行って楽しむための情報が満載のウェブサイトです。道具の選び方や各種ハウツー記事、雪山旅行のアドバイスなどを初心者、中級者にも分かりやすく解説している他、動画や特集記事、コラムなども更新しています。このサイトについて